10 7月
2014

着物は洋服などと違い、着付けが必要となるので、自分でできない場合は他の人に手伝ってもらう必要があります。そのようなことから着物を敬遠される方も多いようです。でも今では、動画で、着付けがかんたんにできる方法を丁寧に案内しているサイトもあるようになりました。着物は自分で着てこそ色んな着こなしができる訳ですから、その都度誰かに頼むといった面倒なことは手間や費用などを考えると割に合いませんし、自分の都合で着物を着れなくなるといった事も起こりがちです。

今ではお手持ちの着物を一人でカンタンに着れるツールなどもあり、着物を一人でカンタンに着たい方への強い味方となっています。さらに着物や帯も工夫されたものがあり、セパレート着物やワンタッチ太鼓帯などでカンタンに着られるようになっています。このセパレート着物は一般の洋服のように上下が分かれており、3分で着られるものです。帯もワンタッチでベルトと同じように前の部分で留めるだけとカンタンです。このように洋服感覚できられる着物もあり、気軽にカジュアル感覚でお出かけできるようになりました。
そして着物のリサイクルも活況となっています。高級な着物や帯をリーズナブルな価格で購入でき、リサイクルという環境にもやさしいニーズがあります。このリサイクルは着物買取の専門業者などがあり、各家庭で眠っている着物を呼び起こし、再利用することで、広く着物が出回るようになっているようです。
この記事の参考サイト
http://xn--nckg3oobb6964cnz4bgdibv2c.net/
着物のお手入れや不要な着物の処分方法(着物買取)の情報が掲載されています。

コメントはまだありませんファッション

9 7月
2014

着物を着るイメージと言えば、フォーマルな装いというのがどうもあるようです。結婚式やパーティ、各種の記念の催しなどで見かける機会が多いということからそのようなイメージを持ってしまうことになるようです。しかし江戸時代などは普段着として着物を当たり前に着ていたものです。ですので、そういったことを余り意識せず、普段着として着物を着る習慣が若い人たちから身に付いてくれるとより着物が人気となると思います。 その代表的なものの着物が浴衣でしょう。浴衣は夏の風物詩として気取らない着物の一つです。木綿の生地に染めを施し一重に羽織るものです。漢字の名前からもこの浴衣の由来がわかりますが、もともと湯上がりに暑さを凌ぐために羽織るもの、だったようです。今では若い女性をはじめ、夏祭りや花火大会など、夏のイベントでは必ず観られるファッションとして人気があります。通販サイトなどでは浴衣と帯、腰紐、伊達締めなどがセットとして販売もされているようです。 またファッション着としての着物も人気です。その素材として若い人に人気なのがデニム地や木綿の生地による着物です。これらは単色のものが多く、素材の風合いが際立つものです。素材の良さを大事にしたこのような生地の着物は、今後も新しい着物として拡がっていくものと思われます。

コメントはまだありませんRead the rest

7 7月
2014

女性が着ると、より女性らしく見える着物の特徴は、着物が持つ本来の美しい線の流れでしょう。それは女性らしさを引き立たせる曲線美を演出してくれるのが着物だからです。最近では着物に関心を持つ若い女性も増えて来ているようです。親が着ていた着物に関心を持ち、自分も着物を着るようになったという方も多いでしょう。 着物はその振る舞いが女性らしくなるというのも魅力でしょう。そのひとつひとつの仕草に対して異性である男性はすごく魅力を感じるのだと思います。よく小話などである“小股の切れ上がった女”という表現はまさしく着物を着ている女性の色気を表したものとしてぴったり当てはまるでしょう。ちらりと着物の裾が開いている時などにそれを感じる男性が多いということを表しているのですね。 着物を着ると背筋がぴんと伸び、体型がとても良くなることも着物の良さでしょう。それを羽織ったときの着物の美しい絵柄もその女性を一層際立たせてくれます。絵葉の模様や小紋のデザインなどにより、より美しさを醸し出す着物の魅力がここにあると言ってもよいでしょう。着物を着ると歩き方や振る舞いも違ってきます。少し内股を意識して歩くことで裾が乱れず、美しい歩き方になります。肩甲骨を中心に合わせるようにするとうなじが一層美しく見え、女性らしい気品さが漂います。このように女性が着物を着ることで、より魅力が増していくのが最大の魅力ではないでしょうか。

コメントはまだありませんRead the rest

6 7月
2014

着物は私たち日本人により古くから愛されてきたファッションです。国際的なイベントなどでは着物を着た女性がコンパニオンなどを務め、日本的な印象を与えています。着物はいろいろなシーンでまた、年代別などで着られています。生まれて初めて着る機会があるのが七五三でしょう。きれいな着物と髪飾りを付け、初めて着る着物と馴れない戸惑いから歩くのもつい、ゆっくりとまたぎこちないものとなったという記憶の方も多いでしょう。 そして二十歳になった記念に着るのが成人式での晴れ着でしょう。これは未婚女性の正式な礼装として振り袖を着ることになります。豪華な絵模様が特徴です。それから未婚女性と分かる長い袖も特徴の一つです。成人式はもちろん、新年の祝賀会や各種パーティ、結婚披露宴などでも多く着られています。若い頃はあまり和装には興味を示さず着る機会が少ないとは思いますが、それでも振り袖の一着はぜひ持っておきたいものですね。 若い女性でも普段の着物として着ている着物に小紋があります。よく時代劇などで御茶屋の娘さんなどが着ている着物ですね。全体的に同じ絵柄が繰り返し施されたものです。その代表的な一つが江戸小紋というものです。この小紋はいわゆる普段着として着用するもので、カジュアル感があり、若い女性にも人気となっているようですね。

コメントはまだありませんRead the rest

6 7月
2014

着物は季節や年齢などに応じたTPOの着方もあるようです。洋装の場合、普段着でもちょっとアレンジすれば立派な訪問着になるのと同じで着物もアレンジ一つでフォーマル的な装いになる着物があります。例えば30代前後の未婚女性の場合、振り袖はちょっと恥ずかしいということがありますので、友人の結婚式に呼ばれた場合などは振り袖ではなく色留め袖などがおすすめです。 この色留め袖は既婚・未婚の区別なく着られる礼装の着物として人気が高いものです。これは家紋が入り、第一礼装である既婚女性が着る黒留め袖と同格の着物として知られています。そして絵葉模様が付いた訪問着もフォーマルな装いとして着られています。訪問着は胸や肩、袖などに模様がつく場所が決まっており、無地の部分とのバランスが絶妙です。この訪問着は独身・未婚を問わず着用でき、結婚式やパーティ、結納、お見合いなどの席で着られています。 訪問着より格が落ちると言われる付下げの着物ですが、付下げは絵柄の模様が少ないものを言います。この模様は着用したときに全て絵柄が上を向くようにデザインしてあるのが特徴です。この付下げは訪問着ほど絵柄の派手さはありませんが、最近では絵柄も華やかなものがあり、訪問着と同格なものからカジュアル感があるものまでバラエティに富んだ付下げが多くなっています。

コメントはまだありませんRead the rest